Front-matter

Front-matter は、本当にクールに Jekyll を開始します。 YAML front matter ブロックを含む任意のファイルは Jekyll に特別なファイルとして処理されます。 front matter はファイルの最初になければならず、 トリプルダッシュの間に正しい YAML フォームをセットする必要があります。 基本的な例はこうです:

---
layout: post
title: Blogging Like a Hacker
---

これらの トリプルダッシュの間には、定義済の変数をセット(以下を参照)したり、 あなた自身のカスタム変数を作成することができます。 これらの変数は、問題の page や post が依存している任意の layouts や includes ファイルの 両方のさらに下に Liquid タグを使用してのアクセスに利用することができます。

UTF-8 キャラクタエンコーディング警告

もし、 UTF-8 エンコーディングを使用している場合、 BOM ヘッダの 文字がファイルに存在するかどうか、またはとてもとても悪い何かが Jekyll に起こるか どうか確認してください。 これは、 Windows 上で Jekyll を実行している場合、特に関連します。

ProTip™: Front Matter 変数は任意です

Liquid タグや変数を使用したいが、 front-matter には 何も必要でない場合、ただそれを空で残してください! トリプルダッシュの間に何もないセットは、 Jekyll はファイルを処理するために取得します。 (これは、 CSS や RSS フィード のようなものに役立ちます!)

事前に定義されたグローバル変数

あなたが page や post の front-matter でセットできる、 事前に定義されたグローバル変数がいくつかあります。

変数 記述

layout

使用されるレイアウトファイルを指定します。 ファイル拡張子なしでレイアウトファイル名を使用してください。 レイアウトファイルは _layouts ディレクトリに配置する必要があります。

permalink

ブログ post の URL をデフォルト /year/month/day/title.html 以外の 何かにする必要がある場合、あなたはこの変数をセットすることができ、そして それが最終的な URL として使用されます。

published

サイトを生成したとき、特定の post を表示させたくない場合、false をセットします。

category

categories

フォルダの内部に posts を配置する代わりに、 post が属している 1 つまたはそれ以上のカテゴリを指定することができます。 サイトが生成される時、 post は通常、これらのカテゴリに セットされていたかのように振る舞います。 カテゴリ(複数キー)は、YAML list または、スペースで分けられた文字列として指定されます。

tags

カテゴリや、 1 つのタグや複数タグと同じように post に追加することができます。 タグもカテゴリのように YAML list または、スペースで分けられた文字列として指定されます。

カスタム変数

事前に定義されていない front matter 内の変数は 変換中にLiquid テンプレートエンジンに送られ、データの中に混ぜられます。 タイトルを設定した場合、あなたはページタイトルをセットするために、 あなたのレイアウト内で使用することができます。

<!DOCTYPE HTML>
<html>
  <head>
    <title>{{ page.title }}</title>
  </head>
  <body>
    ...

posts 用の事前に定義された変数

これらは、 post 用 front-matter で使用される枠を超えた変数です。

変数 記述

date

post 名からの日付をここの date で上書きします。 これは、 posts の正しいソートを確実にするために使用されます。

ProTip™: 同じ事を繰り返さない(Don't repeat yourself)

もし、頻繁に使用するfront-matter変数を何度も繰り返したくない場合、 それらは設定ファイルにdefaultsとして定義し 必要に応じてそれらを上書きします。(あるいは全く上書きしません) これは定義済変数、カスタム変数両方に対して動作します。