Assets

Jekyll は Sass と CoffeeScript の組み込みをサポートしています。 それらを使うためには、適切な拡張子名のファイルを作成( .sass, .scss.coffee の一つ) し、ファイルを2行の3ダッシュで開始します、このように:

---
---

// コンテンツのはじまり
.my-definition
  font-size: 1.2em

Jekyll はこれらのファイルを通常ページと同一に扱われ、 その中で出力ファイルはもとファイルと同一ディレクトリに配置されます。 例えば、あなたが /css/styles.scss という名前のファイルを サイトのソースフォルダに持っていた場合、 Jekyll はそれを処理し、そしてサイトの指定フォルダの下に /css/styles.css を配置します。

Sass/SCSS

Jekyll は特定の方法で Sass 変換をカスタマイズする事ができます。

もし、あなたが Sass の @import 文を使用している場合は、 Sass ファイルを含む sass_dir が ベースディレクトリに設定されていることを保障する必要があります。 次いで、あなたはこうしてそれを行うことができます:

sass:
    sass_dir: _sass

Sass コンバータはデフォルトで _sass を設定します。

また、 _config.yml ファイルの style オプションで 出力スタイルを設定することもできます。

sass:
    style: :compressed

これは Sass に渡されたため、 Sass の任意の出力スタイルのオプションサポートはここでも有効になります。