Liquidオプション

エラーに対するLiquidの応答は、error_modeを設定することで設定できます。オプションは、

  • lax — 全てのエラーを無視する
  • warn — 各エラーをコンソールに警告出力する
  • strict — エラーメッセージを出力し、ビルドを中止する

また、strict_variablesstrict_filterstrueに設定することで、割り当てられていない変数や存在しないフィルタをキャッチするようにLiquidのレンダラを設定することもできます。3.8.0

error_modeはLiquidのパーサを設定しますが、strict_variablesstrict_filtersオプションはLiquidのレンダラを設定し、結果として、相互に排他的です。