3rd Party

Aerobatic

Aerobaticには、カスタムドメイン、グローバルCDN配布、基本認証、CORSプロキシ、そして増え続けるプラグインのリストが含まれています。

自動でのJekyllサイトのデプロイはシンプルです。詳細はJekyll docsをご覧ください。ビルドした_siteフォルダを高可用性のグローバルに分散されたホスティングサービスにデプロイします。

AWS Amplify

AWS Amplify Consoleは、最新のウェブアプリ(シングルページアプリと静的サイトジェネレータ)の継続的なデプロイとホスティングを提供します。継続的な展開により、開発者はGitリポジトリへのコードコミットごとにWebアプリケーションの更新を展開することができます。ホスティングには、グローバルに利用可能なCDN、ワンクリックカスタムドメイン設定 + HTTPS、機能ブランチの展開、リダイレクト、末尾のスラッシュ、パスワード保護などの機能が含まれています。

JekyllサイトをAWS Amplifyでデプロイとホストするためにstep-by-step guideを読んでください。

CloudCannon

CloudCannonにはJekyllサイトをビルド、ホスト、更新するのに必要な物が全てあります。グローバルCDN、自動SSL、継続的導入などを{:target=”_blank”}活用してください。

GitHub Pages

GitHub Pagesのサイトは、舞台裏でJekyllによって提供されています。ですので、手間のかからない、コストのかからないソリューションを探しているのであれば、GitHub PagesはJekyllで運営されているWebサイトを無料でホストするのに最適な方法です。

Kickster

GitHub Pagesでサポートされていないプラグインを使用する場合は、GitHub Pagesへの自動デプロイにKicksterを使用してください。

Kicksterは、Webのベストプラクティスと、プロジェクト全体の品質を向上させる便利な最適化ツールが満載の基本的なJekyllプロジェクト設定を提供します。Kicksterには、GitHub Pages用の自動化された、心配のないデプロイスクリプトが付属しています。

Kickster gemをインストールしてください。より多くのドキュメンテーションはこちらで見つけることができます。gemを使用したくない、または新しいプロジェクトを開始したくない場合は、Travis CICircle CI用のデプロイスクリプトをコピー&ペーストするだけです。

Netlify

Netlifyは、グローバルCDN、継続的導入、ワンクリックHTTPSなどを提供し、複雑さを増すことなく、最新のWebプロジェクトで利用可能な最も堅牢なツールセットを開発者に提供します。NetlifyはJekyll用のカスタムプラグインをサポートし、オープンソースプロジェクトのための無料プランを持っています。

JekyllサイトをNetlifyでセットアップするには、Jekyll step-by-step guideをご覧ください。

Static Publisher

Static Publisherは、ウェブフックの投稿を待機しているサーバーを使用したもう1つの自動導入オプションです。ただし、GitHubとは特に関係ありません。Herokuにワンクリックでデプロイでき、1つのサーバーから複数のプロジェクトを見ることができ、ユーザー管理が簡単なインターフェースを備え、S3またはgitリポジトリ(gh-pagesなど)にパブリッシュできます。